軍旗なき兵団 張家口脱出作戦 BANZAIまがじん6月号


小さなウォーゲーム屋さんで買い物した時におまけでついてきたミニ冊子の付録です。


概要
 
 ソ連・外蒙軍が当時蒙古聯合自治政府だった内モンゴルに攻め込んできたのだが、終戦になっても攻撃をやめない為、
 丸一陣地を守備していた独立混成第2旅団の一部の部隊が張家口にいる在留邦人が脱出するまでの間戦っていた。
 通常ならすぐに武器を捨ててソ連軍に投降するところだが、駐蒙軍司令官だった根本博中将はソ連軍の本質を見抜いており
 約4万人の在留邦人が脱出するまで武器を捨てず抵抗を続けながら北京方面へ撤収する。
 満洲各地で起こったような悲劇的な状況は避けられた。

ルール
 ソリティアゲームで日本軍を操作する
 ソ連軍はチットを引いて行動を判断(イベント、イベント、右地区突撃、左地区突撃、砲撃)
 日本軍、ソ連軍交互に行動してソ連軍のチット5枚全部無くなったら1ターン終了
 途中で停戦交渉が成立したらその時点で1ターン終了
 ユニットは右が防御時の戦闘力、左が攻撃時の戦闘力でサイコロを振ってこの数字以下の目が出れば防御、攻撃が成功
 1945年8月19日から21日まで(3ターン)守り抜ければ勝利となる

勝敗条件
 ソ連軍に旅団司令部を占領されたらその時点で負け
 ゲーム終了時(3ターン目)に旅団司令部の隣接マスをソ連軍に1か所占領されていたら引き分け、2か所以上なら日本軍の負け
 3か所すべて守り抜ければ日本軍の勝利

マーカーが足りない
 ターンマーカー1個とソ連軍マーカー3個が付属してないのであり合わせの物で代用
 対戦車壕があるのに戦車マーカーが攻めてくるというおかしな状況になってしまうがそこは深く考えない

ゲーム開始前戦略
 とにかくひたすら耐えて旅団司令部とその隣接マスを守り抜くのが目的なのでまずは停戦交渉
 戦線が崩れたらしょうがないので反撃するか増援を送るか砲兵の支援攻撃をするしかない

初期配置は自由に決められる
 一番旅団司令部に近いチスリヤエフ隊の前に一番防御力の高い西野中隊を配置
 後は均等に右地区、左地区の最前線と一歩後ろのマスにそれぞれ配置する

1回目初期配置


1回目リプレイ
 1ターン目状況
  右地区、左地区の拠点をそれぞれ1か所失う
  右地区で2回反撃(圧迫)を試みるも失敗
  チスリヤエフ隊が2回迂回攻撃をしてきたが西野中隊が頑張って2回とも退ける
 2ターン目状況
  右地区、左地区の奪われていた拠点の奪還が両方とも成功する
  チスリヤエフ隊が迂回攻撃してきたが退ける
  左地区の二木中隊が6の目が出て壊滅、拠点を奪われる
  退路を絶たれる恐れがあるため左地区の前線にいる畑中隊を後退させる
  右地区の拠点を1か所失うが、反撃をして奪還する
  再び右地区が攻撃され宮崎中隊が6の目が出て壊滅、拠点を奪われる
  退路を絶たれる恐れがあるため右地区の前線にいる久保中隊を後退させる       
 3ターン目状況
  いきなりソ連軍の砲撃が第二大隊本部に指向されたので守るのは困難と思い
  虎の子の90式野砲をソ連軍のいる左地区の拠点に指向して奪還するつもりが
  運悪く左地区のソ連軍が先に攻撃してきて第二大隊本部が陥落、砲撃が無駄となる
  続いて右地区のソ連軍が攻撃してきて第四大隊本部が陥落するが反撃して奪還に成功
  左地区のソ連軍が攻撃、中地区隊本部の佐野中隊、畑中隊が防御するも連続で6の目が出て
  2部隊壊滅、拠点を奪われる
  このままだと負けるので旅団司令部の大野中隊で反撃するが当然のごとく撃退される
  運悪くイベントチットでまたしても左地区のソ連軍が攻撃してきて旅団司令部を奪われる

1回目終了時


 感想
  途中までは敢闘していたのに最終ターンでやたら敵に有利に働いて旅団司令部まで奪われるという最悪な結果に終わった
  しかも6の目がかなり出て4部隊も壊滅してしまったし、旅団司令部の大野中隊も退路がなく壊滅
  左地区のソ連軍が3回の猛攻と的確な砲撃で相手がシステムながら見事な連携攻撃だった
  西野中隊は別として各部隊は防御力1なので攻められたらまず勝ち目は無いが、攻撃時は戦闘力2なので反撃するのは
  意外と効果的だった。
  チスリヤエフ隊の迂回攻撃は脅威なのでここの正面に西野中隊(防御力3)を配置するのが定石か?
  停戦交渉は成功すると大きいけどそんな暇は無いというか成功率も低いのでそれなら反撃を試みた方が良いと思われるが、
  1ターン目の最初だけはやることがないので停戦交渉、成功すれば1ターン丸ごとパスできるので影響は大きい
  あと、チットの出具合を見てイベントチットが出そうな時を狙って停戦交渉してもいいかも
  今回は1ターン目の最初だけしかやらなかった


以下、勝つまでやってみた 
 2回目  
  初期配置は1回目と一緒
  3ターン目に中地区隊本部が占領されて終了 壊滅5ユニット
 3回目
  このまま同じようにやっても勝てる気がしないので少し思案
  戦闘回数が多いと壊滅リスクが高い、防御1だとほぼ負けるので中地区隊本部と第四大隊本部に後退配置
  迂回攻撃の反撃用に1部隊を旅団司令部に配置
  壊滅ユニットは2部隊のみで守り切って日本軍勝利

3回目初期配置(1スペースに置けるユニットは2個までなので右地区の1個は旅団砲兵隊に置いたものとする)


3回目終了時


攻略?
なかなか勝てないし、意外と部隊が壊滅してしまうので少し考えを変えて思い切って後退配備してみたらうまく
守り切ることができました。
チスリヤエフ隊の迂回攻撃も成功した場合致命的となるので旅団司令部にも反撃用に1部隊配置した。
戦闘回数が多いと6の目を引いて壊滅することが多くなるので必要以外の戦闘は避ける。
ソ連軍のチット(イベント、イベント、砲撃、右地区突撃、左地区突撃)合計5枚を頭に入れておくと、すでに引かれたチットを見れば
敵の行動を予測しやすい。
停戦交渉はまず成功しないので敵を退ける反撃(圧迫)に費やしたほうが良い。やることが何もない時にやるぐらい






戻る


inserted by FC2 system