太平洋空母決戦  ウォーゲーム・ハンドブック2012 


元々、太平洋戦争ものに目がないので発売されてから速攻で購入しました。
コマの数も少ないし、ルールも4ページしかないので超簡単なミニゲームかと思ったら甘かったです。
ゲームターンは7ターンぐらいしかありませんが、1ターンがいくつかの作戦ラウンドに分かれていて
最大で8ラウンドまであります。なので思ったより時間がかかります。

本誌のリプレイ記録を参考に1ターンだけやってみたら意外と大変でしばらく放置状態でした。
しかし最近、ちょっとやる気が出てきて最後まで一通りプレイすることができました。
なかなか奥が深いというか良くできたゲームです。ただ、日本が勝つのは非常に難しくなっているようです。

勝利条件は
7ターン終了時にVPが多いほうが勝ち。
日本は燃料Pが0になったら負け。

日本が勝つには
戦力的には殆ど互角ですが、VPが日本軍は0、連合軍はMAX状態から始まるので序盤の有利な内にできるだけ多くの
根拠地を占領する必要があります。
連合軍の根拠地にそれぞれランダムにVPの書かれたカウンターが配置されるのでそれを占領してVPを獲得していきます。
厄介なのは、どこの根拠地にVPがどれだけ配置されているのか占領してみるまでわからないので完全に運次第になっていることです。
VPカウンターは全部で18個、合計すると36VPになりますが連合軍の根拠地は全部で16箇所しかないのでカウンターは2個余ります。
使用されないカウンター2個がそれぞれ最低値の1VPと仮定すると、連合軍の合計が34VPとなるのでその内の17VP以上獲得するのが
一応の目安になると思います。他には海兵隊を撃滅できれば貴重なVPを1P獲得できますが難しそう。
連合軍の根拠地16個の内、占領が望めるのは
フィリピン、ボルネオ、シンガポール、ジャワ、マリアナ、アッツ、ラバウル
の7拠点だろう
これだけではまず勝てないだろうからさらに攻め込むとすると
セイロン、ガダルカナル、ポートモレスビー、フィジー、ミッドウエー
辺りをいくつか占領する必要がある。
17P以上獲得できればあとは守るのみで戦力はほぼ互角なので一見簡単そうにも思えるが、後半は燃料不足で思うように動けな
くなる可能性が高いし、連合軍の輸送船3隻の破壊力も大きいので結構大変です。


リプレイ記録
ソロリプレイです。支配マーカーはランダムに配置して見ない事にしてやっています。

1ターン目  1ラウンド まずは当然のごとく真珠湾攻撃を行ないます。燃料-1(残り29)
                             作戦フェイズの3ラウンドまでは有利に戦えるのでなるべく多く攻撃して敵の船を減らしておきたい。
                             真珠湾沖海戦  参加兵力と結果  日本軍  赤城  加賀  蒼龍  飛龍  翔鶴  瑞鶴  1/3戦隊<ロス>
                                                                          連合軍  航空隊  太平洋艦隊1<除去>  太平洋艦隊2
<除去>
                             空母部隊はトラックへ帰還する。
               2ラウンド サイゴンの第二艦隊、2/3戦隊、輸送船でシンガポールに攻め込む。燃料-1(残り28)
                              シンガポール沖海戦  参加兵力と結果  日本軍  第2艦隊<ロス>  2/3戦隊  輸送船
                                                                                   連合軍  Z部隊
<除去>
               3ラウンド シンガポールの輸送船を裏返して上陸。日本の第三艦隊でボルネオに攻め込む。燃料-1(残り27)
              4ラウンド ここで連合軍増援が登場。
                             日本軍  トラックの第四艦隊でマリアナに攻めこむ。燃料-1(残り26)
                             連合軍 ハワイの陸上機をガダルへ移動。
              5ラウンド 日本軍  日本の第五艦隊と輸送船でフィリピンに攻め込む。燃料-1(残り25) 
                       連合軍 ジャワのABDA艦隊でフィリピンの艦隊を攻撃。
                              フィリピン沖海戦  参加兵力と結果  日本軍  第5艦隊<ロス>  輸送船
                                                                              連合軍  ABDA艦隊
                         
              6ラウンド 日本軍  フィリピンの輸送船を裏返して上陸。トラックの空母部隊でガダルカナルの航空隊を攻撃。燃料-1(残り24)
                             ガダルカナル沖海戦  参加兵力と結果  日本軍  赤城(裏)  加賀(裏)   蒼龍(裏)   飛龍(裏)   翔鶴(裏)   瑞鶴(裏)   1/3戦隊(裏)<除去>
                                                                                  連合軍  航空隊
<除去>
                                         ジャワに連合軍の航空隊が来られるとシンガポールを補給切れに出来ないので攻撃。見事に除去成功。
                             連合軍 セイロンのハーミスでシンガポールの艦隊を攻撃。
                              第2次シンガポール沖海戦  参加兵力と結果  日本軍  第2艦隊(裏)<除去>  2/3戦隊  
                                                                                           連合軍  ハーミス(裏)

       7ラウンド  日本軍  赤城 、加賀 、蒼龍、飛龍をインドネシアへ移動。燃料-1(残り23)
                                         ハーミスの駆け込みシンガポール補給切れ阻止を阻止するため 
                       連合軍 真珠湾のエンタープライズ(裏)、サラトガ(裏)、レキシントン(裏)をフィジーへ移動
 支配確認フェイズ マリアナ占領+3VP、ボルネオ占領+2VP(合計5VP)
 補給判定フェイズ シンガポール、フィリピン補給切れ、打撃1

以下、まとめ
  1ターン 真珠湾攻撃。トラックに空母部隊を引き上げさせて米海軍をけん制しつつ南方作戦。
       マリアナ、ボルネオ占領。フィリピン、シンガポールに上陸、補給切れで打撃を与える。
              ほぼ予定通りだが、艦隊兵力2個失ったのは痛い。
 2ターン 引続き空母部隊をトラックに配置して米海軍をけん制。
              敵航空隊が来てシンガポールの補給切れが阻止されるのを防ぐためジャワに艦隊を突入させるが、オーストラリアに
              進出してきた敵航空隊の波状攻撃で作戦ラウンド終了まで持たず2個艦隊全滅したが、最終ラウンドまで頑張ったので
              占領できなかったが敵の進出を阻止。後半、ベンガル湾に空母を派遣してセイロン補給切れで打撃を与える。
       シンガポール(+3VP)、フィリピン(+2VP)、ラバウル占領(+2VP)。ジャワ占領できなかった以外は予定通り
              ターン終了時  合計12VP、燃料残り18P
 3ターン 日本がインド洋作戦を行う間、米海軍は次々と修理中の空母を戦線に復活させる。
       セイロンの敵を殲滅させたが、日本の空母部隊は疲弊して米空母部隊が巨大になってきた。
       輸送船を送り込むだけでセイロンを占領出来るが、オーストラリアに米空母部隊が進出してきたのでフィリピンとシンガポールの
              陸上部隊を裏返して輸送船にした途端撃沈されるので派遣できなくて涙目。(前ターンで輸送船に戻して空母部隊と一緒に攻めこむべきだった)
             セイロンに継続して補給切れさせるため空母部隊をサイゴンに送ると米海軍が決戦を挑んできた。空母2隻失うも1隻撃沈。
             引続きセイロン補給切れで打撃を与える。
             ターン終了時  合計12VP、燃料残り12P        
 4ターン トラックに主力を配置してけん制している間にセイロン占領(+1VP)。その間米軍は次々と修理中の空母を戦線に復活させる。
      日本も脅威を感じ修理中の艦船の戦線復帰を急ぐ。決戦間近と思われた頃5ラウンドで終了した。
             ターン終了時  合計13VP、燃料残り7P        
 5ターン 日本軍全力でガダルカナルに攻め込む。迎撃に来た米艦隊を撃退して占領に成功(+2VP)。空母1隻撃沈。
        ガダルカナルの艦隊を退避させたいがそうすると米艦隊に取り戻される(輸送船3隻持ってる)ので死守する。
              米軍はフィジーに航空隊4個を集結させてガダルカナルの日本艦隊を猛攻撃。空母1隻失うが敵航空隊を多数撃破。
              フィジー補給切れで打撃を与える。
             ターン終了時  合計15VP、燃料残り1P        
 6ターン 燃料が危なかったが5が出て+2で燃料は3Pとなり何とかつないだ。燃料が枯渇気味だが現状維持じゃVPが足りなくて負ける可能性が高いので
              フィジー攻略を目指して全力で攻めこむ。フィジーで何度か決戦が行われたがお互い損害が少なくて決着着かず。
      全滅させない限り奪還できないので米軍はフィジーを諦めてミクロネシア方面に侵攻。
             燃料不足で日本艦隊がフィジーから動けない間にマーシャルとトラックを占領される。日本軍はフィジー占領(+2VP)。
             ターン終了時  合計17VP、燃料残り1P        
 7ターン 目標の17VP獲得できたが、このラウンドでたこ殴りされるのが目に見える。
      日本軍が燃料不足でパスしている間にラバウルとマリアナを占領される。
           5ラウンドで終わったので思ったほど取られなかったが、分断されたのでガダルカナルとフィジーのVPも放棄させられた。    
             原油産出フェイズで燃料1P得られたので手薄となっていた北太平洋のアッツ(+1VP)を取って一矢報いる
            ターン終了時  合計9VP、燃料残り1P        
勝敗
日本軍勝利ポイント 合計13VPだが補給線が繋がらず-4VPで合計9VP
連合軍勝利ポイント 合計16VP
判定                      連合軍の勝利

感想など
いろいろ疑問点があったのでルールを問い合わせてみたら間違ってるところがありました。

作戦フェイズにおける艦隊の移動は、
(1)港またはエリア → エリア
(2)ポイント → ポイント
のみであり、エリアからポイントへの移動はできません。
エリアからポイントに対する攻撃は可能ですが、これは移動を伴いません。

とのことでした。
ときたまエリアからポイントに移動したり、攻撃と移動を一緒のように考えていたのでこれからは気をつけようと思います。

慣れれば案外サクサクやれるかもしれないけど、ちょっと特殊なので慣れるまでが大変かもしれない。
潜水艦は全然使う機会がなかった。(忘れてただけかもしれないが)
お互い航空戦しか殆どしないし1か2が出ないと打撃を与えられないので決戦しようと思ってもなかなか決着がつかない。
何か行動をするたびに燃料を-1するだけなので大日本帝国の盛衰みたいにややこしい燃料計算をしなくて良いのは助かるけど
修理中の船を戦線復帰させるだけでも燃料を消費するのですぐに枯渇することになる。(米軍と修理合戦したら負ける)

コマンドマガジンの記事の空母決戦指南がかなり役に立ちます。
ネット上で空母決戦指南(前編)の前半部分だけですが公開されているので必見です。
http://commandmagazine.jp/com/106/pdf/com106_research_strategy.pdf
本誌のリプレイだと真珠湾攻撃後、空母部隊は本土に引き上げることになっていますが、空母決戦指南によるとトラックに帰還と
なっていてなるほどと思いました。トラックは米海軍を牽制するのに最適な位置です。
あとはできるだけ燃料の消費を抑えて効率良く作戦を進めること。(拠点の攻撃と上陸を一緒にするとか)




戻る


inserted by FC2 system