日中韓現代海戦三国志 壱  ゲームジャーナル74号


はやくもモジュール実装して頂いて感謝です。
本当は購入してすぐにプレーするつもりでしたが、何だかんだでだいぶ遅れてしまった。
以下の史実戦力情報は2020年5月頃に調べたものです。
なので今はだいぶ変わっている可能性がありますが、ゲーム制作時に近い頃なので
ゲーム的には丁度よかったかもしれない。

史実艦調査

海上自衛隊 艦艇編成表 2020年(令和2年)3月19日現在

機動運用部隊 第1護衛隊群(横須賀) 第1護衛隊(横須賀)  いずも(DDH) まや(DDG) むらさめ(DD) いかづち(DD)  
第5護衛隊(佐世保)  こんごう(DDG) あけぼの(DD) ありあけ(DD) あきづき(DD)  
第2護衛隊群(佐世保) 第2護衛隊(佐世保) いせ(DDH) あしがら(DDG) はるさめ(DD) あさひ(DD)  
第6護衛隊(横須賀) きりしま(DDG) たかなみ(DD) おおなみ(DD) てるづき(DD)  
第3護衛隊群(舞鶴) 第3護衛隊(舞鶴) ひゅうが(DDH) みょうこう(DDG) あたご(DDG) ふゆづき(DD)  
第7護衛隊(大湊) ゆうだち(DD) まきなみ(DD) すずなみ(DD) しらぬい(DD)  
第4護衛隊群(呉) 第4護衛隊(呉) かが(DDH) いなづま(DD) さみだれ(DD) さざなみ(DD)  
第8護衛隊(佐世保) しまかぜ(DDG) ちょうかい(DDG) きりさめ(DD) すずつき(DD)  
地方配備部隊 第11護衛隊(横須賀) やまぎり(DD) ゆうぎり(DD) あまぎり(DD)    
第12護衛隊(呉)  うみぎり(DD) あぶくま(DE) とね(DE)    
第13護衛隊(佐世保) あさゆき(DD) さわぎり(DD) じんつう(DE)    
第14護衛隊(舞鶴) まつゆき(DD) あさぎり(DD) せとぎり(DD) せんだい(DE)  
第15護衛隊(大湊)  はまぎり(DD) おおよど(DE) ちくま(DE)    
護衛艦隊直轄部隊
海上訓練指導隊群
第1海上補給隊 とわだ(AOE) ときわ(AOE) はまな(AOE) ましゅう(AOE) おうみ(AOE)
第1海上訓練支援隊 くろべ(ATS) てんりゅう(ATS)      
掃海隊群 第1輸送隊 おおすみ(LST) しもきた(LST) くにさき(LST)    
潜水艦隊 第1潜水隊群(呉) 直轄艦  ちはや(ASR)        
第1潜水隊 じんりゅう(SS) しょうりゅう(SS) まきしお(SS) いそしお(SS)  
第3潜水隊 けんりゅう(SS) おうりゅう(SS) くろしお(SS) もちしお(SS)  
第5潜水隊 そうりゅう(SS) うんりゅう(SS) はくりゅう(SS) せきりゅう(SS)  
第2潜水隊群(横須賀) 直轄艦  ちよだ(ASR)        
第2潜水隊 うずしお(SS) なるしお(SS) たかしお(SS)    
第4潜水隊  ずいりゅう(SS) やえしお(SS) せとしお(SS)    
第6潜水隊 こくりゅう(SS) せいりゅう(SS)      

ゲームと史実の相違点
 史実「しまかぜ」→ゲーム上「はぐろ」 交代予定?
 地方配備部隊では半数が登場せず。DE6隻全部+DD2隻「あさゆき」「まつゆき」
 潜水艦は、史実「おうりゅう」→ゲーム上「みちしお」 ゲーム制作中に編成が変わった?


韓国海軍

編成はよくわからない
駆逐艦DDG 世宗大王 栗谷李珥   西獄成龍
     DDH 李舜臣 文武大王 大祚栄 王建 姜邯賛 崔瑩 広開土大王 乙支文徳 楊万春
強襲揚陸艦LPH 独島 馬羅島
潜水艦SS 島山安昌浩 孫元一 鄭地 安重根 金佐鎮 尹奉吉 柳ェ順 洪範図 李範奭 申乭石
以下の小型潜水艦、小型艦は登場せず
張保皐型潜水艦 9隻
フリゲート     11隻 
コルベット     12隻 
ミサイル艇     18隻 

中国海軍
北海艦隊、東海艦隊、南海艦隊の3つの艦隊で構成される。
このうちゲームに登場するのは南海艦隊を除いた艦艇と思われる。
一部の艦と小型艦も登場しない。
001A型空母    全 2隻中 2隻 山東 001A型
001型空母      全 1隻中 1隻 遼寧
刃海型       全 2隻中 2隻 南昌 刃海型
旅洲型       全 2隻中 2隻 瀋陽 石家荘    
旅洋-II型      全 6隻中 4隻 長春 鄭州 済南 西安 
旅洋-III型     全13隻中8隻 西寧 廈門 烏魯木齊 貴陽 南京 太原 斉斉哈爾 淄博
ソヴレメンヌイ型 全 4隻中 4隻 杭州 福州 泰州 寧波
江凱II型      全30隻中19隻 徐州 舟山 常州 煙台 塩城 臨沂 濰坊 黄岡 大慶 揚州 邯鄲 荊州 湘潭 浜州 蕪湖 安陽 日照 南通 棗荘
玉昭型       全 6隻中 2隻 沂蒙山 龍虎山
075型強襲揚陸艦 全 1隻中 1隻 075B型
補給艦 AOE

漢型潜水艦  全 3隻中 3隻 長征3号 長征4号  長征5号
元型潜水艦  全12隻中12隻 長征30号 長征31号 長征32号 長征33号 長征34号 長征35号 長征36号 長征37号 長征38号 長征39号 長征40号 長征41号
宋型潜水艦  全13隻中9隻 遠征14号 遠征20号 遠征21号 遠征22号 遠征23号 遠征24号 遠征25号 遠征27号 遠征28号
キロ型潜水艦 全12隻中8隻 遠征64号 遠征65号 遠征66号 遠征67号 遠征68号 遠征69号 遠征70号 遠征71号

登場しない艦
駆逐艦 旅大III型 2隻 旅滬型 2隻 旅海型 1隻 旅洋I型 2隻
フリゲート 江滬II型 3隻 江滬III型 1隻 江滬V型 6隻 江衛II型 8隻 江凱I型 2隻
コルベット 江島型 22隻 江島(ASW強化型) 21隻
潜水艦 晋型 4隻 清型 1隻 商型 2隻 明型 14隻

ゲーム内容
作戦日数が数日なので小規模の突発的紛争を再現していると思われる。
本格的な戦争となると核兵器や弾道ミサイルが出てくるのでまずありえないと思われるし、
なったら全く違った次元の戦いとなるので妥当なところか。

ゲーム開始前のルール把握
自陣営と相手陣営の作戦チット、水上艦、潜水艦、基地空軍の合計6枚のチットをランダムに引いてゲームを進めていく。
全部のチットを引き終わったらターン終了。
最初は未探知状態で、攻撃するには目標を探知状態にしないといけない。
水上艦は敵軍の沿岸ヘクスに入ると探知状態になる。潜水艦は探知判定のみ。
1ヘクスには、水上艦6ユニット、潜水艦1ユニットまで。自軍港湾は制限なし。
移動力は水上艦と原子力潜水艦は2ヘクス、ディーゼル潜水艦は1ヘクス。

今回は本誌記事の韓国特集が面白かったので、趣向を変えて書いてみました。


コマンダー金、日本帝国主義の野望を粉砕す

おことわり
この妄想は実在の国家、人物、出来事とは何の関係もありません。
コロナの一刻も早い終息を願っています。

プロローグ

202X年 地球はコロナの疫病に包まれた。
各国が経済的軍事的に麻痺状態にある中、比較的早く立ち直った極東三国は
他国の干渉を気にすることなく自由な行動を取れる状態となった。

N国 A総理は友好国であるべきはずのK国の反N国的行動に悩まされ国内世論も反K国に傾きつつあった。
    超大国で同盟国のA合衆国はコロナ対策に追われており、長年の懸案であった竹島奪還のチャンスは今しかないと
    立ち上がるのであった。

K国 M大統領は反N国政策により国民の絶大な支持を受けていた。N国製品ボイコット運動により自国で生産できない特定の
     物資が不足して危機的状況に陥るが、天災的M大統領の政策によって大部分の国産化に成功、N国依存を脱却しつつあった。
    お笑い海軍と言われその実力を危ぶまれていたが、颯爽と現れたコマンダー金の登場で海軍の立て直しに成功しつつあった。

C国 S国家主席はN国とK国の対立を眺めつつ、勢力拡大の機会をうかがっていた。

まず、N国が動く。当然同盟国同士の争いを好まないA合衆国はすぐに止めに入るであろうが今はすぐに動ける状況ではない。
作戦日数を1日以内として竹島を早期に奪還、既成事実化しA合衆国の仲裁で領有を認めさせる算段だ。
しかし、専守防衛を自認するN国は軽々しく軍を動かすことはできない。反K国の世論を利用して着々と準備を進め、
K国が暴挙に及ぶのを待った。その機会は意外に早く訪れる。
K国のM大統領は仮に戦闘となってもN国海軍を撃滅できるとのコマンダー金の進言により益々N国に対して強硬な態度に出る。
M大統領は「最近N国では帝国主義的行動が目立つ、過去の歴史を反省していない証拠だ。十分な謝罪と賠償がなされなければ
近く対馬を保障占領することになるだろう」と発言。釜山に海軍兵力を集結させ恫喝的態度に出る。
さっそくN国のA総理は好機到来とみてK国に反論。「我々は戦後ずっと謝罪と反省を繰り返してきた。多大な支援も行ってきた。
しかるに、歴史を捏造しいつまでも我が国に敵意を向けるK国の行動は理解できない。もはや我慢の限界である。
美しい国Nをとりもろす為、我が国は今後独自の行動を取るであろう。」とけん制。
強く出ればすぐ折れるN国の意外な反応に驚くM大統領であったが、コマンダー金はこれは事実上の宣戦布告に近く独島を狙って
いるのではないかと冷静に分析、その対応に余念がなかった。
もはや両国の衝突は避けられない状況となる。N国では対馬はK国にあまりに近く奇襲を受ければ対処できない。
戦場となれば多くの住民に被害が及ぶ。かといって直接K国と全面戦争をするわけにはいかない。
N国固有の領土である竹島奪還を狙えば国内の理解も得られやすいし、K国の艦隊を引き付けるのに都合がいい。
かくして、N国は竹島に向けて艦隊を出動させたのであった。

コマンダー金の訓示
独島を狙ってくるとはいかにも劣等民族チョッパリの考えそうなことだ
おとなしく我が国固有の領土である対馬を差し出せば済んだものを
かつて秀吉の軍勢を打ち破った海軍強国であるウリナラの力を見せつけてやる好機である
ウリナラが誇る最強の矛と最強の盾を兼ね備えたイージス艦、N国軍国主義復活を警告、粉砕するために造った独島揚陸艦
最新式国産潜水艦の威力、思い知らせてやるニダ
  
ということで、今回はK国人になったつもりで頑張ってみる。

シナリオ1 独島艦、出撃!
ターンは4ターンでゲーム終了
独島(竹島)に揚陸を成功させるとVPが大きく入るので両軍ともそれを目標にする
戦力
ルールに従ってランダムに戦力を選ぶ
画像では表になってますが、ゲーム開始時に裏面にして未探知状態にしてゲームを進めていきます。
N国軍
 舞鶴    DDGちょうかい、DDGあしがら、DDすずつき、DDふゆづき、LSTくにさき+補給品2 
 呉      DDはるさめ、DDあけぼの、DDあさぎり、DDやまぎり、DDせとぎり、DDあまぎり
 隠岐周辺 SSずいりゅう、SSもちしお
 空軍×4
K国軍
 釜山      DDG世宗大王、DDG西獄成龍 DD広開土大王、DD乙支文徳、DD崔瑩、DD大祚栄、DD王建、DD李舜臣、LST独島+補給品2  
 鬱陵島周辺 SS安重根、SS島山安昌浩、SS孫元一、SS申乭石
 空軍×4

初期配置

コマンダー金の戦略
敵は舞鶴と呉から艦隊を出航させようとしている。恐らく呉の艦隊は釜山に集結中の我が艦隊をけん制、その間に舞鶴の艦隊が
独島に揚陸を敢行する算段だろう。さらに、先行して独島周辺に潜水艦が2隻ほど活動している兆候が見られる。
チョッパリの行動など、我が千里眼をもってすれば造作もなく看破できる。
まず、呉から出撃してきた艦隊を全力で叩く。カタログスペックを発揮できる我が艦隊を以ってすれば造作もないだろう。
独島艦とその護衛は敵艦隊と距離を取りつつ独島を目指す。我が潜水艦はすでに独島に向かって出撃中、相手の2倍4隻だ。
技術レベルも3あるから十分対抗可能。敵潜水艦はおろか揚陸艦隊も十分粉砕できるであろう。

1ターン終了時                                                  2ターン終了時


1ターン(1日目5時〜8時)
 作戦チットK国潜水艦  各潜水艦を独島周辺に向かって前進       
       K国基地空軍 アクション数0 距離8 何もできず
       N国潜水艦  各潜水艦を竹島周辺に向かって前進
       N国水上艦  舞鶴の竹島揚陸艦隊を日本沿岸に沿って2ヘクス前進、呉の主力艦隊も2ヘクス前進させる
                DDGが2隻とも揚陸艦隊に編入されていて主力としては心もとないが、会敵の可能性がある距離まで前進
       K国水上艦  独島艦と護衛艦を釜山に残して主力6隻を出撃。まだ攻撃できないし距離を取るため1マスだけ前進
       N国基地空軍 アクション数3 距離4
                水上艦探知を行う K国の主力艦隊と揚陸艦隊を探知
                残りの1アクションで潜水艦探知を試みる、探知成功
コマンダー金回顧1
 まずは潜水艦が動く。首尾よく独島とその周辺に潜水艦部隊を展開させて待ち伏せる。
 次いで基地空軍。日帝の陰謀でアクション数0となって何もできず。(本当は舞鶴艦隊まで探知しようと距離8でダイス振ったら2が出た)
 探知が出来ず早々につまずいたがケンチャナヨ。
 N国潜水艦が動いたようだが会敵せず。次いでN国水上艦が動く。まあ、予想通りの動きだ。
 待望の水上艦の番が回ってくるも、呉の艦隊が探知できていない為、攻撃できず。本来ならここでN国の艦隊を撃滅するはずだったが、
 次回に持ち越し。N国基地空軍が動く。索敵中心、水上艦は探知されてもしょうがないが、潜水艦も1隻探知されてしまった。

2ターン(1日目9時〜12時)
 作戦チットN国基地空軍 アクション数4 距離4
                全力でK国主力艦隊を攻撃する 1ユニット制空、3ユニット対艦攻撃
                K国の基地航空が迎撃、 判定2 ATKの敵ユニットを目標とする
                              命中判定 K国命中なし N国命中なし             
               ATK3機で対艦攻撃、K国広域対空力12 
                ATK1対艦力3 目標 DDG世宗大王   対空力6     命中1 対艦力3-1=2 対艦攻撃命中1 損傷
                ATK1対艦力3 目標 DDG西獄成龍 対空力4     命中2 対艦力3-2=1 対艦攻撃命中0 被害なし
                ATK1対艦力3 目標 DD李舜臣     対空力2+2=4 命中1 対艦力3-1=2 対艦攻撃命中1 損傷
       K国水上艦  一時退避、浦項に艦隊を終結させる(予想以上に航空威力が大きいので距離を取る
       N国潜水艦  もちしお 移動+攻撃 探知されず 島山安昌浩攻撃1回命中せず
                ずいりゅう 移動+探知 敵潜ありの竹島に移動 探知失敗 被探知判定3回成功(本当は2回だった)探知される
       K国基地空軍 アクション数4 距離4
                水上艦探知 N国呉艦隊探知 潜水艦探知3回失敗
       N国水上艦  K国本土より距離を取りつつ竹島に向かって前進
       K国潜水艦  独島のずいりゅうを攻撃+攻撃 命中1 損傷
                探知されていた島山安昌浩潜航、他の潜水艦少し移動
コマンダー金回顧2
 N国基地空軍が真っ先に動いた。少々不用意に日本近海に近づいてしまったようだ。距離が4しか離れていないのでほぼ全力での攻撃を受ける。
 艦隊決戦を目指していたのに卑劣な不意打ちで2隻脱落してしまったが、まだ挽回はできる。
 水上艦の番が回ってきたが、ここは一時退避。N国潜水艦が我が潜水艦島山安昌浩を攻撃するも命中せず。さすが国産最新鋭潜水艦だ。
 無謀にも独島に侵入してきたもう1隻のN国潜水艦は探知に成功。
 基地空軍が活動開始。今回は距離4としたので十分なアクション数を確保。呉の艦隊を探知、舞鶴の艦隊は距離が遠いので断念。残った
 アクション3で潜水艦の探知を行うが探知できず。N国水上艦が動くが我が空軍の威力を恐れてか距離を取った模様。
 潜水艦の番が回ってくる。無謀にも独島に侵入してきたずいりゅうを我が申乭石が撃破。我が暗殺拳が見事に決まった。

3ターン終了時                                                  4ターン終了時


3ターン(1日目13時〜16時)
 作戦チットK国基地空軍 アクション数2 距離5
                 水上艦探知 N国揚陸艦隊探知  潜水艦探知失敗
       N国基地空軍 アクション数1 距離5             
                潜水艦探知失敗
       N国潜水艦  潜水艦探知成功 島山安昌浩探知
       K国水上艦  鬱陵島に移動
       K国潜水艦  探知されていた島山安昌浩潜航、他の潜水艦少し移動
       N国水上艦  呉艦隊移動+攻撃 K国艦隊を攻撃 K国広域対空力6 距離2(-1修正あり
                DDはるさめ  対艦力2  DDG西獄成龍   対空力4 命中0 対艦力2-0=2 対艦攻撃命中0        
                DDあけぼの 対艦力2  DD王建        対空力2 命中0 対艦力2-0=2 対艦攻撃命中2 撃沈
                DDあさぎり  対艦力2  DD崔瑩       対空力2 命中1 対艦力2-1=1 対艦攻撃命中0
                DDやまぎり  対艦力2  DD大祚栄      対空力2 命中1 対艦力2-1=1 対艦攻撃命中0
                DDせとぎり  対艦力2  DD乙支文徳     対空力1 命中0 対艦力2-0=2 対艦攻撃命中0
                DDあまぎり  対艦力2  LST独島+補給品2 対空力3  命中0 対艦力2-0=2 対艦攻撃命中0
              なぜかDD広開土大王が行方不明になってたので沈んだDD王建の代わりに編入させる
              舞鶴艦隊竹島に移動+攻撃 K国艦隊を攻撃 K国広域対空力6 距離2(-1修正あり
               DDGあしがら 対艦力2 DDG西獄成龍  対空力4 命中1 対艦力2-1=1 対艦攻撃命中1 損傷       
               DDGちょうかい対艦力2 DD王建        対空力2 命中2 対艦力2-2=0 対艦攻撃命中0
               DDすずつき  対艦力2 DD崔瑩        対空力2 命中2 対艦力2-2=0 対艦攻撃命中0
               DDふゆづき  対艦力2 LST独島+補給品2 対空力3 命中0 対艦力2-0=2 対艦攻撃命中1 補給品1除去
               LSTくにさき+補給品2 対艦力0 
コマンダー金回顧3
 基地空軍が動くが、若干距離がありアクション数が少なかったので索敵のみ。舞鶴の揚陸艦隊を探知する。
 N国基地空軍も動くが、アクション数が少なく索敵のみの模様。
 N国潜水艦が探知を行い我が潜水艦が発見される。
 水上艦の番が回ってきたが、敵艦隊を攻撃しようとするとどうしても敵潜水艦の隣接エリアに入ってしまう。
 N国の潜水艦など怖くはないが、決戦は次回に持ち越して鬱陵島に移動させる。
 潜水艦の番が回ってくる。日本艦隊を確実にとらえる為少し北寄りに移動させる。
 N国水上艦がついにその野望をむき出しにしてきた。舞鶴揚陸艦隊は独島に移動と同時に我が艦隊を攻撃。
 呉艦隊も同時に独島周辺に移動しながら攻撃してくる。一連の攻撃で王建沈没、西獄成龍損傷、補給品1喪失の被害を受ける。
 艦隊兵力ではさすがに利が無くて劣勢となるが、N国艦隊は完全に我が潜水艦部隊の網にかかった。
             
4ターン(1日目17時〜20時)
 作戦チットK国潜水艦 SS島山安昌浩対艦力3  攻撃+攻撃 N国艦隊対潜力3  3-0=対艦力3 命中1 DDはるさめ損傷
                               攻撃2回目 N国艦隊対潜力2.5 3-0=対艦力3 命中3 DDあけぼの、DDあさぎり、DDやまぎり損傷                  
                 島山安昌浩帰港ボックスへ移動
               SS安重根対艦力2  攻撃+攻撃 N国艦隊対潜力2  2-0=対艦力2 命中2 補給品2除去
                            攻撃2回目 N国艦隊対潜力2  2-2=対艦力0
                安重根帰港ボックスへ移動
               SS申乭石対艦力2 移動+攻撃 移動探知判定1 探知されず N国艦隊対潜力1 2-0=対艦力2 命中1 DDせとぎり損傷
                申乭石帰港ボックスへ移動
               SS孫元一     移動+攻撃 移動探知判定1 探知されず N国艦隊対潜力2 2-1=対艦力1 命中1 DDGあしがら損傷
                孫元一帰港ボックスへ移動  
       K国水上艦  その場で攻撃  N国広域対空力0 距離2(-1修正あり
                K国艦隊対艦力合計8  DDあまぎり 対空力1 命中0 対艦力8-0=8 対艦攻撃命中3 DDあまぎり撃沈
       K国基地空軍 アクション数4 距離4
                全力で独島のN国艦隊を攻撃する 1ユニット制空、3ユニット対艦攻撃
               N国の基地航空が迎撃、判定0  迎撃機なし             
                ATK3機で対艦攻撃、N国広域対空力9 
                ATK1対艦力4 目標 DDGちょうかい  対空力4    命中2 対艦力4-2=2 対艦攻撃命中1 損傷
                ATK1対艦力4 目標 DDすずつき    対空力3    命中2 対艦力4-2=2 対艦攻撃命中0 被害なし
                ATK1対艦力4 目標 LSTくにさき   対空力1+2=3 命中3 対艦力4-3=1 対艦攻撃命中0 被害なし
       N国水上艦  移動+攻撃 K国艦隊を攻撃 K国広域対空力0
                DDすずつき 対艦力2 DD崔瑩    対空力2 命中1 対艦力2-1=1 対艦攻撃命中1 損傷       
                DDふゆつき 対艦力2 DD大祚栄 対空力2 命中1 対艦力2-1=1 対艦攻撃命中1 損傷
       N国潜水艦  移動
       N国基地空軍 アクション数1 距離6     
                K国の基地航空が迎撃、判定1  ATKの敵ユニットを目標とする
                               命中判定 K国命中1 N国1ユニット損傷
コマンダー金回顧4
 今までは日帝の陰謀でチットの引きが悪く劣勢となっていたが、このターンでは見事なコンボが炸裂。
 我が潜水艦、水上艦、基地空軍の連続攻撃で一挙に形勢を逆転させる。
 まず、我が恨の念がこもった潜水艦部隊の攻撃ではるさめ、あけぼの、あさぎり、やまぎり、せとぎり、あしがら撃破。
 何といっても安重根による補給品2撃破の影響は大きい。ここに日帝の野望は完全に潰えた。
 次いで、水上艦と基地空軍の猛攻であまぎり撃沈、ちょうかい損傷と戦果を拡大する。
 敗残のN国水上艦のまぐれ当たりで崔瑩と大祚栄が損傷を被る。N国の基地空軍が最後の攻撃を仕掛けるが見事にこれを迎撃、損傷を与える。

ゲーム終了 勝敗判定 K国勝利
 N国 VP7
  撃沈 DD王建 損傷 DDG世宗大王、DDG西獄成龍 DD崔瑩、DD大祚栄、DD李舜臣 
 K国 VP11
  撃沈 DDあまぎり 損傷 DDGちょうかい、DDGあしがら DDせとぎり、DDやまぎり、DDあさぎり、DDあけぼの、はるさめ、SSずいりゅう、航空機1

エピローグ
 予想外に発展したNK紛争に驚いたA合衆国のT大統領はついに仲裁に乗り出す。R国やC国の動向も気にかかる。
 N国とK国の交渉はひとまず置くとして、即刻の停戦を要求。双方の艦隊は引き上げを開始する。
 旗艦広開土大王で指揮を取っていたコマンダー金は独島を守った英雄として大歓声に包まれつつ帰還する。
 一方、N国では予想外の敗北に驚愕し、世論は拙劣な指揮を執ったA総理に非難が集中。
 野党からは軍事行動そのものに対して非難が集中し、A総理は著しく体調を崩し総理を辞任する。
 N国とK国の交渉は続くが平行線をたどり一向にまとまらない。
 格下と見ていたK国の奮戦に一目置かざるを得ない状況となり、N国としては領土問題と歴史問題を
 一挙に決着させようという試みは崩れ長く悩まされることとなる。
 だが、N国J隊はようやく平和ボケから目覚め一層の訓練と法整備と軍備の立て直しが図られることとなる。
 一報、K国のM大統領は得意の絶頂にあった。N国依存の経済を脱却し軍事力で一泡吹かせたのである。
 益々尊大な態度でN国に接するようになるが、水面下ではN国とK国がいがみ合ってる今がチャンスとC国が動こうとしていた。
 N国には尖閣諸島に空母を派遣して揺さぶりをかけ、K国には我が陣営に入らなければ済州島を占領すると脅しをかける。
 コマンダー金の戦いはまだまだ続く。今度はかつての宗主国C国が相手だ。弱気のM大統領を説得し、済州島を守るべく艦隊を
 出動させるのであった。完

感想など
日本の潜水艦は探知されにくいけど、探知されると韓国潜水艦の技術レベルが高いので潜水艦同士の戦闘になるとやられる可能性が高い
竹島に陣取る韓国潜水艦が厄介。韓国領海になるので潜水艦で進入すると2回(移動+領海)探知判定を受ける
基地空軍でアクション数が少ないと迎撃で損害受けるし、効果も期待できないので使いづらい
攻撃する側は一方的に攻撃できるので有利。基地空軍だけは迎撃を受けるので注意
揚陸するのに1ターンかかるので竹島に揚陸するには3ターン目までに竹島まで移動させる必要がある。
潜水艦が強すぎる。移動しなければ唯一2回攻撃できるし1回で複数の目標を攻撃できる。
潜水艦がいるヘクスにはなるべく水上艦を入れない方がいい。だが、今回みたいに揚陸が必要な場所に居座られると厄介。
ルールが特殊なので慣れるまで時間がかかったけど一度覚えればサクサク進める。
特に表記類が充実してるので慣れればこれを見るだけでゲームを勧められる。(これから他のゲームでもこんな表がついてるといいと思う)
今回のシナリオ1は狭い海域でユニットも少ないのでルールを覚えるのに丁度いい。
潜水艦を移動させるたびに探知判定があったが、後の方で気が付いたのでちゃんとやってればあれほど潜水艦が猛威を振るっていなかったかも?
あと、「潜水艦作戦終了後、水上艦を攻撃した潜水艦を帰港ボックスへ移動させる」とあるのを、攻撃直後に帰港ボックスへ移動させてそのマスに
別の潜水艦を移動させて攻撃というのをやっていた。これによってやられた水上艦は2隻だけなので誤差の範囲か。
初プレイでルール誤認が色々あったとはいえ、奇しくも安重根潜水艦に補給品が壊滅させられるというリプレイコミックと同じ結果になってしまった。
チットで行動順が決まるので思い通りの運用がやりにくい。
1回目ということでルール誤認などが多かったが何とか形にはなった。
独島艦も揚陸をするなら1ターン目から独島に向かって前進させなければ間に合わなかった。

ユニットの特徴とルール確認
基地空軍
 探知は航空ユニットが無くても行える
 攻撃するときは航空アクションの数だけ航空ユニットを使用できる
 航空機は迎撃戦闘でのみ除去される。水上艦の対空攻撃では除去されない。
 航空機ユニットは除去されたら損傷ボックスに移動、撃沈にはならない。
 迎撃戦闘 同時解決 戦闘を同時解決、所有プレーヤーが損害適用ユニットを決められる
        ATK目標 迎撃を受けた側にASPがいたら、迎撃側が先に攻撃を受け損害を適用される
              そのあと、迎撃側が攻撃を解決する。相手プレーヤーが損害適用ユニットを決められる
 唯一、攻撃側が損害を被ることがあるので使用に注意。特にまとまった航空機を運用できない場合は攻撃を控えた方がいい。
 相手の基地に近いほど航空機がたくさん飛んでくる可能性があるので注意。逆に自軍の基地が近いと迎撃できる航空機が増えるので
 艦隊を守るのに都合がいい。

水上艦
 移動力は2あるし攻撃も2マス先までできるので探知した敵水上艦があれば4マスは攻撃圏内となる。
 逆に相手水上艦の4マス以内に入るときは注意が必要。だが、チット次第では2回連続行動もありうる。
 攻撃側が一方的に攻撃できるので先手を取った方が圧倒的に有利。
 2マス先の敵水上艦を攻撃するときは技術レベル-1の補正を受ける
 広域対空力は自由に割り当てできる
 対空力〇囲いの艦は自前の対空力は無いので広域対空力から割り当てる
 広域対空力を持つ艦は揚陸艦や空母など重要艦を守るのに都合がいい。
 (シナリオ1でなぜイージス艦が揚陸艦隊に振り分けられていたのか意味が分かった)
 LSTが攻撃を受けた場合損害は補給品に割り当てる。補給品が無くなったらLSTが攻撃を受ける

潜水艦
 日本の潜水艦は探知判定で1が出た時だけ探知される。それ以外の潜水艦は1〜2が出た時に探知される。
 敵軍の沿岸ヘクスに進入したら水上艦は探知される。潜水艦は探知判定を受けるだけ。
 潜水艦は水上艦を攻撃したら帰港ボックスに移す
 未探知潜水艦も未探知水上艦も敵を攻撃しても探知されない(相手に一度戦力を見せて裏返す)
 潜水艦は単に移動させただけでも探知判定を受ける
 水上艦が潜水艦を攻撃か探知する場合は1マスしか移動できない
 潜水艦は強力だけど、探知されると潜航しかできないし水上艦の移動力が2なので捕捉しにくい
 相手の水上艦が必ず通るような重要な航路や拠点に配置するのが一番いいかも

シナリオ1分析
 両軍の潜水艦はまず竹島で待伏せしようとするだろう。そうなると潜水艦同士のちょっとした小競り合いが発生するが
 探知に成功してもすぐに潜航されるしお互い損害が出ないことが多い。だが、対潜攻撃力も技術レベルも同じなので
 日本側は思わぬ損害を出すこともある。韓国側は数が多いので多少失っても痛くない。
 このシナリオは4ターンで終わるので竹島上陸を目指すなら両軍とも揚陸艦隊は3ターン目までに(揚陸作業に1ターン費やすため)
 竹島に到達させなければならない。そうなると待ち伏せしている厄介な潜水艦の攻撃を受ける恐れがあるが、チットの引き次第では
 攻撃を受ける前に揚陸を完了させることが出来るし、潜水艦や基地航空隊で探知できれば一時的に無力化できる。
 もし、潜水艦の攻撃を受けると全力で揚陸艦を狙ってくるはずなので補給品を一挙に2つ失って作戦が失敗する可能性も高い。
 水上艦はまず呉から出港する日本の水上艦と釜山から出港する韓国の水上艦が激突するだろう。場合によっては基地航空隊も参加する。
 しかし、これは前哨戦に過ぎない。日本の揚陸艦隊は舞鶴にいるし韓国の揚陸艦隊は分離して日本の艦隊と基地航空隊を避けつつ
 鬱陵島方面から竹島に向かって移動してくるだろう。そうなるとやっぱり潜水艦の揚陸艦攻撃が鍵を握る。 
 地形的な面でみると、竹島が韓国の領海となっているのと韓国の航空基地から4マスなので航空機の支援を受けられやすい点で有利。
 日本側の利点は、艦隊が最初から二手に分かれているので、呉の艦隊はすぐに探知されるが舞鶴の艦隊は距離があるので探知や攻撃を
 避けつつ竹島に接近できるだろう。

やっぱり日本が負けたままでは後味が悪いので2回目に挑戦
戦力
ルールに従ってランダムに戦力を選ぶ
N国軍
 舞鶴   DDGちょうかい、DDGきりしま DDふゆつき、DDむらさめ LSTしもきた+補給品2 
 呉     DDしらぬい、DDまきなみ、DDたかなみ、DDいなづま、DDうみぎり、DDあまぎり
 隠岐周辺 SSそうりゅう、SSうんりゅう
 空軍×4
K国軍
 釜山    DDG世宗大王、DDG西獄成龍 DD広開土大王、DD崔瑩、DD李舜臣、DD文武大王、DD大祚栄、DD乙支文徳 LST独島+補給品2  
 鬱陵島周辺 SS安重根、SS洪範図、SS柳ェ順、SS金佐鎮
 空軍×4

2回目なのでさらっと流していく
前回の教訓から、
日本としては、なるべく敵空軍基地から4マス以内に入らないように竹島に近づく
今回は潜水艦に特に注意して行動、こちらの潜水艦は敵の領海を避けつつ積極的に運用したい
韓国としては、水上艦は日本の基地空軍を避けるため鬱陵島経由で竹島に近づく
潜水艦は前回と同様竹島周辺に張り付けて敵を迎え撃つ

1ターン目
 竹島の潜水艦戦でSSそうりゅう損傷
2ターン目
 竹島周辺の潜水艦戦でSS柳ェ順損傷
 韓国水上攻撃、DDまきなみ損傷
 韓国基地攻撃、戦闘機1攻撃機3、日本迎撃4 空中戦で韓国機2機損傷、日本機1機損傷 対艦攻撃でDDたかなみ損傷
 日本基地攻撃、戦闘機1攻撃機2、韓国迎撃0 空中戦なし、 対艦攻撃でDDG世宗大王撃沈、DDG西獄成龍損傷
 日本水上攻撃、DD大祚栄損傷
3ターン目
 韓国水上攻撃、命中無し
 韓国潜水艦、決死の隠岐日本揚陸艦隊探知成功
 韓国基地攻撃、攻撃機2、日本迎撃1 空中戦損害無し 対艦攻撃でDDGちょうかい損傷
 SSうんりゅうを竹島に移動+攻撃、探知判定行うも発見されず、揚陸艦隊攻撃 2発命中、LST独島艦の補給品2個除去、揚陸阻止
 呉艦隊攻撃、DD崔瑩撃沈、DD李舜臣損傷
 舞鶴艦隊、竹島移動+攻撃、DD広開土大王撃沈
4ターン目
 潜水艦洪範図で竹島の舞鶴艦隊攻撃、補給品1除去
 舞鶴艦隊竹島揚陸、呉艦隊攻撃、独島艦撃沈
 日本基地攻撃、戦闘機1攻撃機2 韓国迎撃0 空中戦なし 対艦攻撃でDD文武大王撃沈
 韓国基地攻撃、攻撃機2 日本迎撃0 空中戦なし 対艦攻撃でDDしらぬい沈没
 韓国水上艦攻撃、命中無し
ゲーム終了 勝敗判定 日本勝利
 日本 VP22
  竹島上陸VP+5
  撃沈 DDG世宗大王、DD広開土大王、DD崔瑩、DD文武大王、LST独島 
  損傷 DDG西獄成龍 DD大祚栄、DD李舜臣、SS柳ェ順、航空機2
 韓国 VP7
  撃沈 DDしらぬい 
  損傷 DDGちょうかい、DDたかなみ、DDまきなみ、SSそうりゅう、航空機1

総括
1回目は苦戦したのに何か日本圧勝になった。
やっぱり運ゲームかなあ。チットの引きとダイス次第な気がする。
どちらにも勝機があるだろう。

ともかく簡単に短時間で近代海戦が体験できるので悪くないと思う。
他のシナリオも挑戦してみるつもり。興味あるテーマでもあるし。







戻る


inserted by FC2 system