珊瑚海海戦ソリティア コマンドマガジン107号


珊瑚海海戦は史上初めて航空母艦同士が戦った海戦として有名です。
空母同士の戦いばかりに気を取られていてあまり気が付きませんでしたが、このゲームをやりつつ
いろいろ調べてみると主力空母艦隊以外にも色々な艦隊があって複雑な動きをしていたことがわかりました。
まず、日本軍はツラギ攻略部隊とその援護部隊でもってツラギを攻略します。
トラック諸島からは翔鶴、瑞鶴を主力とするMO機動部隊がソロモン方面へ向かって南下、ラバウルからはポートモレスビー攻略部隊と
祥鳳を含むMO攻略部隊がポートモレスビーに向けて出航します。
一方、米軍は暗号解読により日本軍の作戦を阻止するため、レキシントン基幹の第11任務部隊とヨークタウン基幹の第17任務部隊を派遣する。
ツラギ上陸を察知した米軍はヨークタウンから攻撃隊を発進させて駆逐艦菊月、掃海艇3隻撃沈、他に損害を与える。
途中で第17任務部隊から巡洋艦3隻、駆逐艦3隻からなる分遣隊をモレスビー方面へ上陸阻止のため派遣する。
ここからは後はだいたい史実でよく知られた戦いが続きますので省略しますが、様々な艦隊に分かれていたことが判ると思います。
一応wikiから適当に抜粋した経過を時系列順に並べ替えて載せておきます。

経過(時間は東京時間、現地との時差は約2時間()併記)

1942年4月30日
 ツラギ攻略部隊、ラバウルから出発
1942年5月1日
 MO機動部隊、トラック諸島を出航
1942年5月3日
 未明 日本軍ツラギ占領
1942年5月4日
 朝、空母ヨークタウンからツラギに向け攻撃隊が発進
 空襲により駆逐艦菊月及び掃海艇3隻沈没、敷設艦沖島と駆逐艦夕月が小破
 ラバウルからMO攻略部隊出撃
1942年5月5日
 空母ヨークタウンと空母レキシントンが合流、油槽艦ネオショーから補給を受ける
1942年5月6日
 午前6時、 ショートランド泊地で燃料補給を行った軽空母祥鳳と第六戦隊重巡洋艦4隻が出港
 午前10時、横浜海軍航空隊(横浜空)の九七式飛行艇が第17任務部隊を発見
        MO機動部隊はアメリカ軍機動部隊発見電を午前10時47分に受信、攻撃準備を行いつつ南下していた
        しかし索敵の不備から第17任務部隊まで70浬(飛行時間20〜30分)地点まで接近しつつ午後8時になって
        北西に反転、先制攻撃のチャンスを失った
 午後2時、 特設水上機母艦神川丸がデボイネに入泊し、水上機偵察基地の設営を開始した
         同基地には聖川丸飛行隊も進出した。翌朝までには基地設営は完了し、神川丸は
         第18戦隊とともに北方に避退した
1942年5月7日
 午前5時30分頃(07:30)、翔鶴偵察機2機がアメリカ軍空母、油槽艦、重巡洋艦発見を報告する
 午前6時15分(08:08)、 瑞鶴から37機、翔鶴から41機、両艦合計78機が発進
 午前7時15分(09:15)  MO機動部隊第一次攻撃隊が到着した時、実際にいたのは空母ではなく駆逐艦シムスと給油艦ネネオショーであった。
               すぐに攻撃を行わずアメリカ軍機動部隊を求めて付近の捜索を行った
 午前6時50分(08:50)、衣笠・古鷹偵察機より翔鶴偵察機の報告位置とは全く違う地点にサラトガ型航空母艦出現の情報が入った
 午前8時(10:00)、   2機の翔鶴索敵機は自分達が発見した「航空母艦」の正体が「タンカー」であることに気付いた
               翔鶴索敵機は午前8時35分(10:35)になって「わが蝕接せるは油槽船の誤り」と報告
 午前9時30分(11:30) 九九式艦上爆撃機36機のみで急降下爆撃を行った
              この攻撃でシムスが轟沈、ネオショー大破。航行不能となったネオショーは漂流し、
              5月11日に駆逐艦ヘンレーによって処分された
 (06:25)       第17任務部隊から巡洋艦3隻・駆逐艦3隻からなるクレース隊を分離してジョマード水道へ派遣
             (第17任務部隊が敗れた場合、MO攻略部隊を攻撃して輸送船団を撃退するため)
 午前6時頃(08:00)、北方へ退避する第十八戦隊と水上機母艦神川丸がB-17爆撃機の攻撃を受け神川丸が小破
 午前7時35分(08:15)、ヨークタウンの索敵機が「空母2隻、重巡洋艦4隻、全艦ヨークタウンの北西方向にあり」と報告
 (09:25)、       空母レキシントンから50機、空母ヨークタウンから42機、合計92機が発進して日本軍機動部隊に向かう
 午前9時頃(11:00)、 アメリカ軍レキシントンの攻撃隊がMO攻略部隊を発見、攻撃、祥鳳沈没、午前9時31分(11:35)。
 午前11時45分、    神川丸の水上偵察機が「戦艦2隻、巡洋艦2隻、駆逐艦5隻」の艦隊発見を報告
              (実際はクレース隊の巡洋艦3駆逐艦3)基地航空隊で雷爆撃し重巡オートラリア炎上
 午後2時15分(16:15)、瑞鶴、翔鶴から計27機の攻撃隊が発進した(薄暮攻撃)が戦果無し
1942年5月8日
 午前6時22分(08:25)、翔鶴索敵機は米軍機動部隊を発見、正確な位置情報を発信した
               同時刻、レキシントンの索敵機がMO機動部隊を発見、位置を報告
 (08:48)、        空母ヨークタウン、レキシントン、合計73機の攻撃隊が発進した
 午前7時30分(09:30)、空母瑞鶴から31機、空母翔鶴から38機、両空母合計69機の攻撃隊が発進した
   8時30分(10:30)頃、ヨークタウン攻撃隊は空母瑞鶴と翔鶴を発見
              翔鶴に450kg爆弾2発命中、艦載機の運用が不可能となった
              ヨークタウン攻撃隊に遅れること45分、レキシントン攻撃隊21機が翔鶴を発見
              翔鶴に450kg爆弾1発命中、
              翔鶴は重巡洋艦加古、古鷹、駆逐艦潮、夕暮に護衛され、北上して戦場を離脱した
 午前9時15分(11:05)、日本軍攻撃隊69機は母艦を発進して約2時間後に第17任務部隊を視認した
              レキシントンに魚雷2本、250キロ爆弾2発命中、ヨークタウンに250キロ爆弾1発命中
              のちにレキシントンは艦内に充満していた気化ガソリンが引火、爆発が発生して
             (19:56)に駆逐艦フェルプスが雷撃処分した
1942年5月9日
 日本機動部隊は攻撃を断念、アメリカ機動部隊は戦場を離脱

結果
日本軍  軽空母祥鳳沈没 空母翔鶴中破
 米軍  空母レキシントン沈没 タンカーネオショー沈没、駆逐艦シムス沈没  空母ヨークタウン中破
日本軍は海戦に勝利しツラギの攻略に成功したがポートモレスビーの攻略は断念
米軍は日本軍のポートモレスビー攻略の阻止に成功

参加兵力
日本軍
 MO機動部隊
  空母  翔鶴、瑞鶴
  重巡  妙高、羽黒  
  駆逐艦 曙、潮、有明、夕暮、白露、時雨  
 MO攻略部隊 
  軽空母 祥鳳、
  重巡  青葉、衣笠、加古、古鷹
  駆逐艦 漣
 ポートモレスビー攻略部隊  
  軽巡  夕張
  駆逐艦 追風、朝凪、睦月、弥生、望月 
  敷設艦 津軽 
  掃海艇 20号 
  輸送船 12隻
 ツラギ攻略部隊 
  敷設艦 沖島
  駆逐艦 菊月、夕月
  掃海艇 2隻
  輸送船 2隻
 援護部隊  
  軽巡  天龍、龍田
  水母  神川丸、聖川丸 
  特砲艦 日海丸、京城丸、勝泳丸
  特掃海 2隻

連合軍
第17任務部隊
 第2群
  重巡  ミネアポリス、ニューオーリンズ、アストリア、チェスター、ポートランド
  駆逐艦 フェルプス、デゥーウィ、ファラガット、エールウィン、モナガン
 第3群
  重巡  オーストラリア(豪)、シカゴ
  軽巡  ホバート(豪)
  駆逐艦 パーキンス、ウォーク
 第5群
  空母  ヨークタウン、レキシントン
  駆逐艦 モリス、アンダーソン、ハンマン、ラッセル
 第6群
  油槽船 ネオショー、ティペカノー
  駆逐艦 シムス、ウォーデン
 第7群
  水母  タンジール


ゲーム上における戦力(オプション追加無し)
日本軍
 空母(CV)2 軽空母(CVL)1 重巡(CA)6 軽巡(CL)2 駆逐艦(DD)7 水母(CYP)1 砲艦(GB)1 TR(輸送船)4 
 欺瞞(ダミー)5 潜水艦1+接触無し2
米軍
 空母(CV)2 重巡(CA)8 軽巡(CL)2 駆逐艦(DD)6 水母(CYP)1

編成
日本軍(詳細わからず、ダミー艦5隻含む)
 MO機動部隊      空母2 護衛艦6
 MO攻略部隊      空母1 護衛艦5
 ポートモレスビー攻略部隊  輸送船3 護衛艦5
 ツラギ攻略部隊     輸送船1 護衛艦2
 援護部隊       水母1 砲艦1 護衛艦2
米軍
 TF-11   空母1 重巡2 駆逐艦2
 TF-17   空母1 重巡3 駆逐艦2
 TF-6    駆逐艦1
 TF-9    水母1
 TF-44   重巡3 駆逐艦1 

このゲームについて
海戦をどうやってソリティアで再現するのか非常に興味がありました。
史実では索敵がうまくいかなかったり艦種誤認したりと錯誤の連続で思うような戦いができませんでした。
このゲームの特徴として戦場の霧の部分がうまく表現されているのではないかと思います。
このゲームでは米軍を指揮するのですが、暗号解読によるものか日本軍の大まかな陣容はわかりますが正規空母か
小型空母か護衛艦の艦種は何かわからない状態だしダミー艦も含まれています。
艦隊の位置も分かりますが、索敵か諜報で確定状態にしないと航空攻撃を加えることができません。
日本軍の部分は全部サイコロの目で自動的に解決していきます。
ちょっとややこしいし手順が多いので慣れるまで大変かもしれません。

攻略
まず、一番考えさせられるのがCPの割り振りだと思います。
毎ターン20Pを作戦、諜報、兵站、編成の4つに振り分けるのですが慣れないうちはよくわからないと思います。
作戦と兵站を同じ数にして多めに、諜報は少な目、編成は無しとしておくと無難かなと思います。
慣れてきたらどのくらいのCPが必要になるのかある程度予測できるようになってくると思いますが、
思わぬ水上戦に巻き込まれて疲労や損傷が出て回復させるのに兵站が足りなくなったりとかはよくあります。
潜水艦対策としては、最初からある駆逐艦1隻のTF-6を潜水艦狩りに使いましょう。
潜水艦と接触するとダミーか本当の潜水艦か判別できるし、駆逐艦は敵潜水艦から攻撃を受けない。
接触すると確定状態になるけど駆逐艦1隻ならばれても大したことないし、MO機動部隊の航空攻撃を
吸収してくれれば味方の空母が攻撃を受けるのを防げる。
空母は驚くほど脆弱、空襲受けたらまず助からないと思ったほうがいいかも。
目標が空母になれば艦載機なら航空3P割り当てればどんな目が出ても戦闘不能以上の損害を与えられる。
なので対艦攻撃目標決定が超重要となる。指揮Pを使うならここだろうけど残念ながら攻撃を受けた時しか使えない。
日本軍の艦船は対艦攻撃力が高いので水上戦は避けた方がいい。
日本軍が主導権を握ることが多いし、そうなるとだいたい同じぐらいの数でも1.5倍ぐらいの戦力差になるから結構やられる。
豪州方面に配備されるTF-44は安易に敵艦隊に近づかない方がいいかも。
システムの穴を狙うみたいであまりよくないけど、日本軍の空母は艦隊しか狙わないのでラバウルの航空機が準備完了になっていなければ
基地航空機のCAPは行う必要がなくなるのでCPの節約になる。
初期の戦力で一気にラエ基地を叩きたいところだけど意外とうまくいかない。戦闘機の航続圏外で護衛がつけられないし敵のCAPが意外と強力。
ラエの航空機が準備完了になっていないときに狙うのがいいかも。
戦闘不能と撃沈とでは同じ除去だけど獲得するVPが2倍も違う。運次第とはいえなるべく撃沈してポイントを稼ぎたい。
ラバウルの航空機は戦力が大きくて脅威だがポートモレスビー攻略を阻止するのとMO攻略部隊に含まれる敵空母を倒すために威力圏内に入る必要がある。
敵空母をすべて倒して味方の空母が1隻でも残っていればサドンデス勝利となる。
日本軍の空母から攻撃隊が出撃すると確定状態になるので索敵や諜報がうまくいかなくてもあまり悲観する必要はない。


リプレイ記録

1942年5月3日(昼間)
 作戦P 割り振り 作戦6  諜報4  兵站10  編成0
  米軍諜報結果 失敗 指導力+1
   日本軍ツラギ上陸開始
    豪州北→ラエ空襲 米LMB*5撃墜   日本軍VP+10(VP合計 米軍0 日本軍10 動揺段階0)

1942年5月3日(夜間)
 潜水艦1隻接触無しで除去、TF-6発見される
 日本軍ツラギ上陸完了 日本軍VP+20(VP合計 米軍0 日本軍30 動揺段階0)

ラエ空襲に失敗して大損害、作戦Pが余ったので空母部隊はポートモレスビー方面へ高速移動

1942年5月4日(昼間)
 ランダムイベント 日本軍指導力+1
 作戦P 割り振り 作戦6  諜報8  兵站8  編成0
  米軍諜報結果 失敗 失敗 指導力+1
 ラバウル →モレスビー空襲 両軍とも損害なし
 MO攻略部隊→TF44  空襲  日VB*1撃墜、VT*3撃退 米CA-6沈没 日VP+20、米VP+2(VP合計 米軍2 日本軍30 動揺段階0)
 MO機動部隊→TF6   空襲  米DD-6戦闘不能(除去) 日VP+5(VP合計 米軍2 日本軍35 動揺段階0)

1942年5月4日(夜間)
 特になし

諜報全部失敗するも空襲で日本空母艦隊が確定状態となった
ラバウル基地が航空作戦不能になったので次ターンは空襲を受けなくて済む
距離が詰まってきたので次ターンで空母決戦が行われる予定

1942年5月5日(昼間)
 ランダムイベント 忘れ 
 作戦P 割り振り 作戦9  諜報2  兵站9  編成0
  米軍諜報結果 ポートモレスビー攻略部隊確定にする
 MO攻略部隊→TF44     空襲 日VFVT*6撃退 効果なし
 MO機動部隊→TF11      空襲 米VF*2撃墜 日VF*1撃墜、VFVT*6撃退 米CV-1戦闘不能 
 TF-44   →MO機動部隊 空襲 欺瞞1枚あり 米VF*1、VT*2撃墜 効果なし 
 TF-17   →MO機動部隊 空襲 米VF*1墜落、VT*1撃退 日CV-2撃沈 日CVL-3撃沈
 TF-44 VS MO攻略部隊 水上戦 欺瞞2枚あり 日本軍CA-3損傷 米軍CA-7沈没、DD-5沈没
 母艦を失った艦載機喪失 米軍3P  日本軍12P
   一連の戦闘で(VP合計 米軍108 日本軍88 動揺段階7)

1942年5月5日(夜間)
 TF-11 VS MO機動部隊 水上戦  米CA-2戦闘不能、DD-1戦闘不能
        日VP+15(VP合計 米軍108 日本軍103 動揺段階7)

空母1隻やられるが2隻撃沈、動揺段階も7まで上がる
1回目の空襲ではランダムで重巡1隻損傷与えたのみだが2回目の空襲でうまく任意が出て2隻の空母を倒す事ができた
水上戦では思わぬ苦戦、欺瞞が2隻も含まれていたのに日本軍の水上戦力が意外と大きく(DDは15と米側の1.5倍)
戦闘解決もかなりアバウトで大きな損害を蒙ってしまった
最悪、重巡部隊でモレスビー守るつもりだったが不可能となった
次ターンで動揺段階を10にすれば自発的に撤退に追い込めるのだが、敵空母と一騎打ちをするか
ツラギ周辺の敵をせこく倒すか悩む。あんまり深入りするとラバウルの航空隊も脅威だし
だが、勝利条件を確認したら全空母を倒せばその時点で勝利確定できるみたいなのでここはやるしかない

1942年5月6日(昼間)
 ランダムイベント 日本軍の諜報 TF-17確定(唯一未確定だった空母を含む艦隊が確定になってしまった)
 作戦P 割り振り 作戦9  諜報2  兵站9  編成0
  米軍諜報結果 失敗
 豪州北  →MO攻略部隊   空襲 米軍LF*1墜落
 TF-17   →MO攻略部隊    空襲 米軍VF*1墜落 日CV-1撃沈
 ラバウル →モレスビー   空襲 両軍とも損害なし
 MO攻略部隊→TF-44      空襲 米CA-8沈没      
 TF-11 VS MO機動部隊水上戦  米DD-2沈没
    一連の戦闘で(VP合計 米軍158 日本軍137 動揺段階12 恐慌状態)

運よく空母含むTF-17は敵の攻撃目標とはならなかった
対空砲火が激しかったが無事敵空母の攻撃に成功、撃沈する

ゲーム終了時の状況


勝利条件達成

敵軍の全ての空母を撃沈又は戦闘不能にし、自軍には1隻以上の空母がマップ上に残っていればサドンデス勝利
米軍勝利

海戦結果
  米軍 沈没 CA-6 CA-7 DD-2 DD-5  戦闘不能 CV-1 CA-2 DD-1 DD-6  
 日本軍 沈没 CV-1 CV-2 CVL-3 

感想
日本軍びいきなので負けてもいいかと思ったけどやるからには勝とうと思って頑張って米軍を操作しました。
うまく敵空母を全滅させて勝つことができましたが、水上戦では全敗でかなりの艦が沈められてしまったのが残念。
日本艦隊は空母が含まれていようが猪突猛進してくるので適度に距離を開けるのは難しい。
米軍の艦載機は航続距離が短いからある程度距離を詰める必要があるし、艦隊戦は避けられないかもしれない。

まあまあ楽しめましたが、イマイチな点を挙げると
手順がちょっと煩雑な気がします。もう少しわかりやすくして手順を減らしてもいいかなと思います。
戦闘解決がアバウトすぎな気がします。上記とちょっと矛盾しますが水上戦を例にとると戦闘力比とサイコロ1回で
半数の艦船が戦闘不能とかいう感じで結果が出て海戦ものにしては味気ない気がします。
運の要素が大きい気がします。 戦闘結果が上記のように大ざっぱなので運が悪いと大量の航空機が撃墜されたり
艦船が多く沈んだりする可能性があります。





戻る


inserted by FC2 system